読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anpi's Love-style

ゆるく可愛く生きる為の、【ゆるふわ美容心愛学】♥️を基本に、心と美の両方をゆるっと、ふわっと幸せに生きていけるような、発信をしています(*ˊૢᵕˋૢ*)自宅兼サロンでは、美容サウンドヒーリングと、対話セッションで、女性のゆるふわな魅力を引き出し、ゆるっと好きに可愛く生きて、元々の「愛され力」を引き出すサポートをしております💓

いい年した大人が親に甘える事。

 

ちょっと前まで、

 

いい年した大人が親に頼ってるなんて話を聞くと、

 

親が可哀想だな。

 

ダメな子供だな。

 

そんな事が頭に浮かんでいた。

 

こーやって、人を勝手にジャッジした事で、

 

自分がそーゆう事するのを禁じていた。

 

だから、今まであまり、他人に甘えるとか

 

できなかった。

 

人に頼るくらいなら、自分がその分頑張ればいいし、

 

その方が楽だったんだと思う。

 

親にもありがとうって中々言えない子だったし、

 

ありがとうと言うのが嫌だから、

 

誕生日だから、お金あげるよ。と言われても、

 

拒否してたくらい。

 

自分で自分を追い込んでて、

 

助けなんかいらない。

 

恩なんてきせられたくない。

 

そうずっと頑固に生きてきた。

 

だから、逆に、人に甘えてる人を見ると、

 

イライラ。批判。

 

でも、今はその私の頑なな部分も、向き合って分かった。

 

それは、ただ羨ましかっただけだということ。

 

私は、

こんなに我慢しているのに。

 

だから、

自由にしている人が許せなかった。

 

本当は私だって、自由に生きたい。

 

本音はそこだった。

 

それに気づけたから、

 

もう、ダメダメな自分を許そうと思った。

 

もう、できなくて、恥ずかしい奴でもいい。

 

もう降参。

 

そしたら、

 

勇気が湧いた。

 

で、親に言った。

 

私はやりたい事がある。

 

お金を下さい。と。

 

ダメだと言われても良いやと思ってたから

 

言えた。

 

で、怖かったけど、

 

貸してください。じゃなく、

 

お金下さい。と。

 

無理って言われても、何回もお願いしようと、

 

決めてた。

 

前の私からしたら、

 

ありえない。

 

1番怖い所に、飛び込んだ。

 

惨めでも良いと思いながら。

 

普通に考えたら、

 

やりたい事あるなら、自分で稼げよ。

 

と思われると思う。

 

けど、私の中ではそっち(努力)の方が簡単だと思った。

 

だから、

あえて、実験してみた。

 

そしたら、、、

 

「良いよ」って。

 

で、私は言えた。

 

「ありがとう」って。

 

もぉ、こんな心からありがとうと言える自分が、

また一つ好きになれた。

 

で、お互い笑顔。

 

甘える事って素敵な事だった。

 

また一歩私の世界が変わった。

 f:id:anpopon:20160711013117j:image

 

1日769pv突破ありがとう♡
ゆるく、楽しく生きたい方😊
LINE@登録もぜひ❤️
👉 http://line.me/ti/p/%40xbf0333u

 

シェア、ブックマークいつもありがとうございます(^ー゜)★

Facebook
あんぽあいこ
友達申請まってまーす♡